Skypeが重い Windows8 Windows7

タスクのSkypeを選択すると画面が止まるは
アプリは止まるは
CPU100%でタスクマネージャーは開かないは
シャットダウンすら途中で止まって強制終了する羽目になるは

というわけで原因を探ってみると
どうやらChromeとの相性が壮絶に悪いらしい

htmlファイルとhtmファイルの規定プログラムをChromeに設定している時に
この現象が起こるのです
仕方がないからブラウザを変えるしかないんだけど
IEなんて糞ブラウザを使う気にならない
狐なんてアドオンに頼ったアプリも使う気にならない(便利だから好きではある)
Operaはちょっと論外
SafariはWindows上だと重い

というわけで、規定のブラウザにIronを入れることにした
Ironとは、Chromeのベースとなっているブラウザで
ドイツのSRWare社製のウェブブラウザなのです。

Chrome = Iron + Google提供サービス
という感じですね。
これを言い換えると
Iron = Chrome - Googleサービス
なのです

はっきりいって早くて便利です

興味ある方はこちらへどうぞ


これで快適なブラウザになって、Skype問題も解決です

ちなみに規定ブラウザの変更手順はここからどうぞ

こんな面倒な手順よりも
デスクトップに適当なテキストファイルを作って
hogehoge.html
hogeho.htm
ってリネームして、右クリックのプロパティから規定のプログラムを変更した方が早いと思うけどね

【追記】
狐でもIEでもIronでもめちゃくちゃ重くなったんだけど
これって完全にSkypeが原因みたいなので使うのやめました><
[PR]

by hiro__neko | 2015-03-18 11:11 | PGじゃない人間の備忘録  

<< Windows 8や8.1のタ... 東京—金沢間を結ぶ北陸新幹線に... >>