NOTTV

サービス開始当初より、誰もが失敗すると予想をしていたNOTTVですが
やはり200億円以上の赤字を垂れ流す結果になっています。

ところが、帯域を確保するためのサービスなので
赤字でもどうでもいいという予測がありました。

N社にしたら、1000億や2000億の赤字なんて
どうでもいいレベルなんでしょう。

次の携帯市場では、NOTTV非対応端末が並ぶそうで
NOTTVを売るつもりがないのが、よくわかるというか・・・

そもそも、2TOP戦略とか称して
携帯を作っているメーカーをぶった切ったり
iPhoneの販売ができるとわかると、さっさと2TOP戦略をやめたり
迷走しているのがよくわかります。

あげくのはてに、位置情報は個人情報じゃないから(謎)と勝手に販売するという
暴挙に暇がないN社ですが
回線は結局、N社が独占しているわけで
庭も禿も芋も、N社に金を払っている。

独禁法はどこいったのやら。
[PR]

by hiro__neko | 2013-11-05 13:02 | 徒然  

<< iPad mini retin... ウィルスバスタークラウドでのエラー >>