恥ずかしい失敗を忘れないための PHP unset

< ?php

$xmlstr = './xxx.xml';
//$xml = new SimpleXMLElement($xmlstr, null, true);
$xml = simplexml_load_file($xmlstr);
unset($xml->item[0]);

echo $xml->asXML();

$file = @fo pen('./xxx.xml', "w");
@fw rite($file, $xml->asXML());
@fc lose($file);

?>


結論から書くとこうなんだけどね、ここまで気づくのにどんだけ時間かかったか・・・

まず、データレコードの0を削除しているわけなんだけど
echo で開くと、きちんと削除されているわけ
で、xmlを見ると削除されていない。

なんでだろーってずーっと考えていた。

で、今さっき気がついた。

削除したデータをXMLに書きこんでないわけ。

バカすぎですっ!



[PR]

by hiro__neko | 2013-04-03 17:24 | PGじゃない人間の備忘録  

<< 備忘録 CSSで Height... Buttonタグでsubmit... >>