UIデザイナーが知っておくべきエンドユーザーの10の特徴


Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2012/06/26 07:30



 ユーザーの視点に立ってデザインされていないインターフェースは、エンドユーザーに受け入れてもらえないはずだ。そこで本記事では、UIデザイナーが念頭に置いておくべきユーザーの習慣や考え方について焦点を当てる。

 つい最近、「Ubuntu Unity」はUbuntuに正式搭載されてから1周年を迎えた。また、「Windows 8」はリリースを間近に控えている。こういった状況のなか、すべてのユーザーインターフェース(UI)は同じように作られていないという事実が明らかになってきている。実際のところ、コンピュータの使い方に革命的な変化をもたらすような素晴らしいUIデザインもあり得るだろうが、エンドユーザーを念頭に置いていないものは、その素晴らしさを証明する間もなく失敗作という烙印を押されてしまうはずだ。

 筆者は長年に渡るコンピュータ経験のなかで、ほとんどすべてのLinuxデスクトップと、あらゆるバージョンのWindowsデスクトップを使用し、幅広いユーザーからの不満の声に耳を傾け、デザイナーとエンドユーザーの双方と話をしてきている。このため筆者は、導入時のハードルを大きく引き下げるユーザーフレンドリーかつ素晴らしいインターフェースを作り上げるうえで、UIデザイナーがエンドユーザーについて知っておくべきことを十二分に理解できていると確信している。注:これらはすべて「平均的な」エンドユーザーに当てはまることである。


#1:エンドユーザーは変更を好まない

 これはエンドユーザーに関する現実のなかで最も残念なことである。何かを変更するということは、彼らの仕事の邪魔をする以外の何者でもない。実際のところ、ほとんどのエンドユーザーは常に、コンピュータを壊してしまわないか、あるいは何かが変更された場合に今までの作業を達成する方法を見つけ出せないのではないかという恐怖と背中合わせの毎日を過ごしている。このため、UIに対して大きな変更を加えると、ユーザーから大きな反発を受ける羽目になる。ではUIデザインの変更は行えないのだろうか?そんなことはない。要は注意深く行わなければならないということなのだ。


#2:エンドユーザーはたいていの場合、キーボードショートカットを使用しない

 筆者はキーボードショートカットをひたすら愛用している。筆者が知っているほとんどのパワーユーザーも同様だ。実際のところ、筆者はどのような作業でも(グラフィック関係の作業をしているのでない限り)、どうにかしてキーボードから手を離さずに済まそうとする。しかし、エンドユーザーはわれわれとはまったく異なる人たちなのである。彼らはマウスを好み、タッチスクリーンにでもしない限り、常にマウスを使おうとする。詰まるところ、UIというものは、キーボードショートカットに依存してはならないというわけだ。キーボードショートカットを利用可能にしておくことは確かに良い考えである(そして、そうすることをお勧めする)ものの、キーボードショートカットが必須となるようなUIをデザインしてはいけないのだ。


#3:エンドユーザーはPCとモバイル機器を分けて考える

 あなたがAppleの関係者でない限り、このことは理解しておかなければならない。ユーザーはモバイル機器のインターフェースとPCのインターフェースを分けて考えており、両者が同じ方法で使用できるようになるとは期待していない。とは言うものの、Appleは明らかに、「iOS」とOS Xのインターフェースを同じものにしようとしている。しかし、そのことは問題ではない。ユーザーはiOSのインターフェースを何年にもわたって使用してきている。このため、ユーザーは同インターフェースに親しみを抱いているというわけである。じゃあ、「Windows Phone 7」のモバイルインターフェースはどうなんだって?これはまだあまり普及していないだけでなく、成熟度も高いとは言い難い。このため、Windows Phone 7のインターフェースは、PCのインターフェースを一気に置き換えられるほど、ユーザーから十分に慣れ親しまれていないのである。


#4:エンドユーザーは開発者のようなものの考え方をしない

 これは開発者にとって難しい問題となる。ものごとを考える際、あなた自身の個人的なフィルタを通さずにいるのは容易ではない。このため、さまざまなレベルのユーザーの立場でものを考えるというのは大変な努力が必要となるわけである。エンドユーザーのものの考え方が開発者とは異なっているのは当たり前だ。彼らはコンピュータやインターフェースがどのように動作するのかという基本的な理解や、関連スキルを持ち合わせていないのである。では結局のところ、どうすればよいのだろうか?要は何ごともできる限り簡潔なかたちに留め、初心者から中級者程度のユーザーに焦点を当て続けるということなのだ。


#5:エンドユーザーはアプリケーションに容易にアクセスしたいと考えている

 この意図は単純だ。エンドユーザーはランチャーを使いたいと考えている。ランチャーには、アイコンやクイック起動ランチャー、スタートメニューのボタン、パネルランチャーといったものが含まれる。どのような形態であれ、ユーザーはほとんど一瞬のうちにアプリケーションにアクセスできなければならない。筆者は(エンドユーザーのサポートを行っていた際に)、スタートメニューを使った操作であっても、すぐに混乱してしまうエンドユーザーを見てきている。一方、この業界にいるわれわれであれば、[スタート]?[すべてのプログラム]?[Mozilla]?[Firefox]という考え方に馴染んでおり、メニューの海を1日中航海してもいる。しかし、エンドユーザーにこういったやり方を強いると、すぐに入り組んだ混乱の迷路に迷い込んでしまう可能性があるのだ。


#6:エンドユーザーは「以前のままで良かったのに、、、」という考えに執着する

 筆者は、新たなインターフェースを前にしたエンドユーザーからこの台詞を何度も聞かされている。彼らはインターフェースが進化するという考え方を理解していないのである。彼らは、PC上にあるすべてのものが別々に存在していると考えており、インストールされているプログラムはOS側であらかじめ用意されているウィジェットや要素を使わなければならないという考え方にも馴染んでいない。その事実を知っている人のみが、OSのバージョンアップ時にプログラムもバージョンアップしなければならないということを理解しているというわけだ。


#7:エンドユーザーは、必要な変化がゆっくりと、一定速度でもたらされることを望んでいる

 Appleはこういったことを完璧なかたちで実践しており、ユーザーをゆっくりとではあるが着実に同社のデザインに適応させている。OS XとiOSは最終的に統合されて同じものとなるだろうが、その過程でユーザーがまごつくことはあまりないだろう。もしもあなたがUIの抜本的な改定を考えているのであれば、ユーザーをまごつかせないよう、ゆっくりと行っていってほしい。


#8:エンドユーザーはあなたが望むような安全なコンピューティングを行ってくれない

 エンドユーザーにとって、コンピュータは何でもインストールでき、何をやっても危険のない広大な遊び場のようなものである。われわれはこういった考えが誤りであり、エンドユーザーとIT部門との関係を危うくする原因となりかねないということを知っている。しかし、エンドユーザーの行いたいことをいっさい禁止するというポリシーなどあり得ないため、デザイナーはエンドユーザーに全幅の信頼を置かないようにしながら、UIのデザインを行っていくべきだと悟る必要があるだろう。


#9:エンドユーザーはアイキャンディなどどうでもよい

 正直に言うと、筆者は見た目の華々しいアイキャンディが大好きだ。昔からずっとそうだった。筆者はグラフィックデザイナーでもあるため、見た目の素敵なものを求め、アイキャンディに高い価値を見出すのもその性と言えるだろう。じゃあ、一般的なユーザーはどうだって?それほどでもない。実際のところ、平均的なユーザーは使い勝手さえ良ければ、「Windows 95」のような見た目であっても気にならないはずだ。


#10:エンドユーザーはUIをどうデザインするべきかについて有益な意見を持っている

 UIはエンドユーザーのためのものだという事実を直視してほしい。すべての人が同じレベルの知識を有しているという理想的な世界では、デザイナーは思い通りに、複雑かつ素敵なインターフェースをデザインできるはずだ。しかし現実には、エンドユーザーこそがターゲットであり、彼らの意見がデザイナーにとって高い価値を持っているはずなのだ。(KDEやGNOMEといった)多くのデスクトップインターフェースでは、開発時にデザイナーと開発者が力を合わせて最も優れたインターフェースをデザインするためのデザイン会議が開催されている。こういった会議では完璧なインターフェースを作り出すために、数多くのエンドユーザーがデザイナーに協力しているのだ。


成功するデザイン

 UIデザイナーには大きな課題が待ち構えている。彼らはプログラム(あるいはプラットフォーム)と相性の良いデザイン要素を作るだけでなく、そういったものを作り出す際にエンドユーザーにとって複雑すぎたり、漠然としすぎるものを作らないようにしなければならない。Ubuntuはこういった難関に2011年に直面し、MicrosoftはCanonicalが乗り越えた壁にこれから立ち向かおうとしているところだ。筆者はMicrosoftが現在取り組んでいるデザインの最終工程でエンドユーザーの意見に耳を傾けてくれることを願っている。ユーザーはデザイナーが注意を払うべき重要なグループであり、注意を怠ればデザインは失敗するのだ。
[PR]

by hiro__neko | 2012-11-20 15:27 | PGじゃない人間の備忘録  

<< 西武線で009壁紙QRコードラリー LowsonのPassbook... >>