PHP1年生が、自動ツイートする、twitterBotを作ったよ その一

PHP1年生です。
そもそも、よくわからない言葉が多いです。
独学で、いろいろ作って楽しんで勉強しています。

PHPは面白い!

という話はおいとくとしまして、今回は備忘録です。


◆やりたい事
自動ツイートするBotを作る

◆必要な事
Cron(なんて読むの?)が使えるレンタルサーバでの設定
ツイートするPHPでのプログラム
Twitterアカウント

◆今回の手順
1.HP制作
ツイートするにあたり、適当な事を呟いても面白く無いので
昔懐かしい「いつどこゲーム」のHPを作りました。

「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「どうした」
というキーワードをランダムに並べ替えて、一つの文章にします。
その文章を表示します。

キーワードは自由に登録が出来るようにしました。
構成は、
「いつ」のXML
「どこで」のXML
「誰が」のXML
「何を」のXML
「どうした」のXML
を5つ作ります。
別に構成次第では1つで問題ないと思いますが
自分がわかりやすい用に5つに別けました。
それを、index.php上で、

$ranWhen = rand(0, count($item_datas_when)-1);
$resultWhen = $item_datas_when[$ranWhen]['text'];

って感じに、0から、「いつ」のデータ数から1を引いた数でラン数を取って
その乱数の「いつ」を取り出します。
それを他のも作って、

$result = $resultWhen.'、'.$resultWhere.'、'.$resultWho.'、'.$resultWhat.'、'.$resultDo.'。';

と、くっつけただけです。


2.Twitterのアカウントを発行
これは、誰でも出来るし備忘録に書くことでもないと思うので割愛


3.Cronの設定
Cronが何か、よくわかっていないので、とりあえず試すことにしました。
PHPで自動的に文章を作るところまではやりましたが
今度はそれを、テキストファイルに書き込む処理を、Cronで実装してみたいと思います。

たまたまLolipopを使っているので
ちょっと調べてみたら、僕のプランだと、Cronを5個発行できるそうです。
今度、自動ツイートの他にもなにか作ってみよう。

まずは、Lolipopのキャラクターである
ロリポおじさんに質問をしてみます。

d0265106_10375480.jpg


ばかやろう!

仕方ないので、マニュアルページで確認です。

で、テスト用なので
「毎月」
「毎日」
「毎曜日」
「毎時」
「5分毎」
実行ファイルパスは、rootから記載するみたいで
[xxx/tweet/tweet.php」
としました。


4.tweet.php の作成
別にindex.phpに書き込んでもいいのですが、これも自分がわかりやすいように
また作成しています。

index.phpと同じように、乱数で取得したデータをくっつけたあと

//データ書き出し
$fp = f o p e n('tweet.txt', 'w');
fwrite($fp, $result);
fclose($fp);

と書いただけです。

これで、tweet.txt に5分毎に書込処理がされました。

ここまでやって、Cronの動きというか、どういうものか理解しました。
(;´д`)トホホ…


4.自動ツイート機能を作る
ここはまた長くなるので次に
[PR]

by hiro__neko | 2012-10-25 10:51 | PGじゃない人間の備忘録  

<< PHPでtwitterRSSを... Google Chromeで、... >>